FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熟女告白54

このサイトで知り合った熟女との続き

セフレ募集の熟女掲示板に出没するくらいだから57歳って言っても結構若くて綺麗な熟女なんだろうなぁって。死ぬ気で熟してました
まさに熟女。熟した女と書いて熟女でした。
周りから見たらあれですよ。リアルに親子ですよ。母親思いの三十路前が母親と歩いてるほほえましい光景ですよ。この時点で、この出会いに未来はない、、ましてやセックスとかもっとない。。と思ってたわけですが、取り合えず居酒屋にいってメシ食うことに。

そしたら千恵美さん。。
めちゃめちゃおもしろいww
あんなに笑いながら酒飲んだのはいつぶりだろう?ってくらい楽しい酒を飲んだ。
しかも伊達に熟女化してない、、年上ならではの気配りと人との接し方がうまいっていうのかな?終始リラックスモードで楽しめた。

するとどうでしょう。。
居酒屋を出た時。ボクはセックスしてもいい。。否!むしろしたい!!!!と思ってしまったんですよ。そう、この熟女との奇跡の出会いに、穴と棒を使って乾杯したい気分になってたわけなんですよ!
そして、「じゃあ、そろそろ(ホテルでも、、)」と言いかけたその瞬間。
「ホテルいきましょ」
と熟女の方からお誘いが!恐るべし熟女です。
もちろんたべられてしまいました(笑)



出会い
熟女
熟女 出会い
セフレ
メル友
援助交際
逆援助

熟女告白53

一人娘も短大を卒業し、昨年その街で就職しました。たまに帰って来ては、「ママ、最近綺麗になったね・・」だなんて言います。「誰かに恋してるの?同じ女だから分かるわ。もしそうだとしたら、いいことよ。まだ40過ぎだから、恋したって当然よ。私は応援するからね」娘と買い物に出た時、確かにナンパされたことがあります。熟女としては、嬉しいことかな・・娘は、薄々私に男性がいることを感ずいているようです。私はとぼけていますが、ばれているようです。そう、私は今、このサイトで知り合った男性に恋しています。彼に・・彼は、私の膝が好きみたいです。丸くて形がよく、白い肌が大好きだって言ってくれます。彼は、美容師の卵・・・娘と同い年だなんて・・あまり時間が取れない中でも、必ず毎日、携帯にメールを送ってくれる彼。私が、彼のヘアーモニターとなって、4ヶ月。最初にデートしたのは、年明けの初詣。私の形のいい膝をいつも見たいといって、膝上のスカートを冬の間も履いていました。それも素足で・・靴下とブーツ姿。若い子達と同じ姿は、少し照れたりしましたが、彼の好みなら・・とお洒落しました。3月25日、私の42回目の誕生日。彼は、休めない美容室の仕事を、何とか休んでくれました。彼の車で、ドライブ。公園を散歩し、いつの間にか、どちらからともなく、指を絡ませて歩いていました。膝上のスカート・・「寒くない?」と優しい彼。「今日は、少し遅くなってもいいかな・・?」私は、うなずいていました。彼とデパートに行き、私の誕生日のお祝いを買いに行ました。彼に手を引かれ、行き着いた場所・・・ランジェリーコーナー・・彼は、私にブラとパンティを選ばせ、支払ってくれました。男性から下着をプレゼントされるなんて、初めてのことで、恥ずかしさと嬉しさが交互して、戸惑いました。 後日の話ですが、娘からの電話で「どうだったの?ママの、誕生日。何かもらった?」と娘。「男性に下着をもらったことある・・?」と私。娘は、ひどく明るくなり、「わあ、素敵。もらったのね、ママ。素敵だわ」と言います。「で・・許しちゃったの?」「え?」「もう・・抱かれたの?」「それ以上、何もないわよ」と私。 その夜、デパートの地下駐車場の車に戻り、二人後部座席。「紀子・・好きなんだ・・」彼から、初めて聞いた言葉。「ありがとう・・」「ひとつ、お願いがあるんだ・・」「なあに?」彼はうつむいてしばらくじっとしていましたが、「紀子に、パンティを履かせてあげたい・・・」「え?・・どこで?」「行こう」彼がそう言い、車を出ました。彼に手を引かれ、駐車場のトイレへと。女子トイレ・・彼が素早く個室に入ります。「?・・ここで?」「大丈夫だよ。向こう向いて」彼は、私の腰に手を回します。「スカートの中に手を入れるよ・・いいね」戸惑う私をよそに、彼は私のプリーツスカートの裾から手を入れて行きます。腿を這い上がる指。パンティに、指先が触れます。「本当に?・・」「脱がせてあげるよ・・」彼は、私のパンティを優しく脱がせ、降ろして行きます。ブーツの先からパンティを抜き取られ、包みの新しいパンティを出し、ブーツの先から丁寧に履かせて行きます。彼は、優しく履かせてくれました。車に戻り、うつむく私。脱がされる恥ずかしさと、履かせてくれる嬉しさで混乱し、ドキドキしていました。優しく抱き寄せてくれる彼。自然と重なり合う唇。実は、彼とは初めてのキスだったのです。そろえた膝頭が、見えています。「綺麗な膝だよ」と、彼は褒めてくれます。「ありがとう、嬉しかったわ・・」と、パンティを履かせてくれたお礼を言いました。また、長く熱いキス。胸元に、熱いキス。キスマークができました。 先週、彼とのデート。シャワーを入念に浴び、彼好みの洋服。その日は、覚悟していました・・・デニムのジャケットに、春物の膝上10センチのプリーツスカート。サンダル。その日は、パンストを履いて行きたい、と彼にメールしてOKでした。素肌感覚の薄いサポートタイプ。もちろん、彼からもらったお揃いのブラとパンティ・・・ 待ち合わせのとある駅前、彼と電車を乗り継ぎ、未知の街へと・・・彼の腕に寄り添い、腕を組み、彼の彼女として、歩きました。金マークほとんど消え、彼はこっそりと駅のコインローカーの隅で、私の胸元の同じ所にキスマークをつけます。歩いているとすぐ分かるような露出した場所に・・・散歩し、ウインドショッピングし、お茶を飲み、・・その日、私は初めてタバコを吸いました。「紀子なら、きっとタバコが似合いそうだ・・・」彼からすすめられ、メンソールのタバコを買ってもらいました。最初はふかすだけでしたが、少しずつ吸い込めるようになりました。夕方、早めの夕食をとり、軽くお酒も・・街を歩き、いつしか裏通りに・・キラキラした場所・・・「紀子・・」「なあに?」「紀子を抱きたい」「・・・はい」彼は、ホテルに私をエスコートしてくれました。部屋に入り、バスルームへ・・彼は、ほろ酔いの私を背後から支えてくれました。スカートの中に手が・・どこで覚えたのだろう、パンストを優しく丁寧に、脱がしてくれました・・交代でシャワーを浴び、バスタオルで上がってきた私を、彼は抱き上げます。ベッドまで・・明かりを落とし熱いキス・・・耳、首筋、うなじ・・・脇の下・・・彼の下が這い回ります。形のいい乳房・・乳首を優しく、何度も何度も吸い上げてくれます。「あっ・・」腿から、足首・・足の指も、一本一本口に含んでくれました。閉じ合わせた膝頭・・大好きな私の膝を、愛してくれます。膝頭を開いていく彼・・私の中心へと・・・彼は、入念に、丁寧に、どちらかといえば薄いヘアーをかき分け、亀裂に沿って、舌を這わせます。「ああっ・・いや・・」彼と指を絡め合います。小さくふっくらと露出したした所も、口に含み、そっと吸い上げてくれます。「あっ・・そこ・・だめよ・・」絡めた私の指先に、思わず力が入ります。それが分かるのか、彼はまた優しく吸い上げてくれます。こんなにも丁寧に、女の部分を愛してくれる彼・・・私は彼に愛されているんだ・・と時間をかけ、上下に舌を這わせ、吸い上げる彼・・私がイクのは時間の問題です・・硬く伸ばした舌が・・膣の中へと・・そっと、挿入されて行きます・・「あっ・・いやああ・・だめ・・」さらに奥へと硬い舌が・・「イ、イッちゃう・・・」私は、悦びを迎えました。彼は、固く長いものを・・優しく優しく・・・「ふ、深い・・」彼とひとつになれたこと。その夜、3度、抱かれました。フラフラの私を支え、帰路へ・・・ 彼が好きです。年齢は関係ありません。恋しています。彼の女として、今私は幸せです。


出会い
熟女
熟女 出会い
セフレ
メル友
援助交際
逆援助

熟女告白52

熟した女と書いて熟女。。それはそれ以上でもそれ以下でもありません。
さてそんなこんなでこのサイトでみつけた千恵美さん(57)と会ってきましたよ。
取り合えず、最初のメールの段階では結構セックス好きで、エロ熟女の雰囲気をかもし出す千恵美さん。
なんでも最後にセックスしたのは恐らく5年前らしく、今回猛烈にドキドキしてるらしい。ボクは違う意味でドキドキしてましたが、、
直メに切り変えて3日が過ぎ、エロメールをソフトに交わすようになったところで電話に切り替える。話の流れで彼女は人生のセックス体験を赤裸々に告白してきた。
熟女すげぇ...
旦那が最もお盛んだった40半ばの頃が彼女のセックスライフの頂点だったらしく、野外プレーなんかは日常茶飯事、浣腸や縛りといったSMなどにも手をだし、挙句の果てには某秘密クラブでのスワッピングまで経験済みだという。。。
メールの相手は57歳。
熟女というかおばあちゃん一歩手前なのは分かってるんです。。
果物に例えるなら、地面に落ちる寸前のカキとか何かだってことは分かってるんです。
ただ、ボクのティムポがそれを分かってなかったんです。
ついでにボクの右手もそれを分かってなかったんです。
おばあちゃんのセックス体験告白で一コキできる人間ってそう多くはないとおもうんです。悲しいことに。
でも多分素敵な熟女だとは思うんだ。
声も結構色っぽかったし。
絵文字とかも使ってたし。
ただ、写メを送ってくれなかったのが不安で仕方ありませんでした。

つづく


出会い
熟女
熟女 出会い
セフレ
メル友
援助交際
逆援助

熟女告白51

バツになり 今年から一人住まいするようになり、このサイトで知り合ったセフレが週に1回は私のアパートに来るのよ。彼と一緒に遅い夕食食べながらビール飲んでから、シャワーして(アパートで小さいお風呂だから別々だけど) 裸で抱き合いながらビール飲みながらいちゃつき、Hしてます。アパートの端の部屋だし、隣はめったに帰ってこない人なので、大声まではだめでもある程度喘ぎ声出せます。彼、いつも最後はバックから突き上げてきて、背中にザーメン出すのよ。私、バックのままあそこ丸見えのまま身動きできなくて、よつんばのまま時たま気を失うことあるの。彼に寝かされるまでそのままです。週1の通い亭主って感じです。




出会い
熟女
熟女 出会い
セフレ
メル友
援助交際
逆援助


熟女告白50

私は一度も結婚したことがありません。40歳の熟女です。いまは80歳の父の介護をしながら給食の配達の仕事をしています。結婚しなかったのは父のためだけではなく、ある新興宗教の活動もしているからです。 この前用事で東京に行った帰り、電車に乗って発車を待っていると「あれ、みよこさん」声をかけられて驚きました。このサイトで知り合った人でした。出張の帰りとのことでした。自然に彼は私の隣に座り、雑談がはじまりました。電車が動き出して、会話も途切れてきたころ、私は少し眠くなってきました。少しうとうとしたとき、カ-ブで彼の方に体がかたむきました。彼は私のからだがぶつかってもまったく動きませんでした。男性の体のそうした固く強い感触は久しぶりでした。私は少し体が熱くなりましたが、そのまままた目をつむりました。すると、私の太ももと彼の太ももが密着したのです。さっきの揺れで私の体も彼の方へずれましたし、彼も私の方へ座る位置を動かしたのでしょう。彼の太ももの引き締まった固さが私に伝わります。私は体を逃がさず、そのままにしていました。次に感じたのは彼の指でした。自分の膝の上に置いた手の小指だけを伸ばし私の太ももを突くようにしているのです。彼の小指の先から痺れるような感覚がだんだん広がり始めます。私は眠っているふりを続けながら次のカ-ブのときに上体を窓側に倒して、下半身はよりいっそう彼に密着するようにしました。彼も私の動きの意味をわかったようで、はっきりとてのひら全体をを私のふとももの上にすべらせてきました。スカ-トの上からゆっくりてのひらが私の太ももを撫でます。時々思い切るように内側にも入ってきました。私は、男性の手にこうして体をゆだねるのはずいぶん久しぶりなのです。 15年前に結婚直前の相手が事故死して、それ以来男性は知りませんでした。やがて東京を離れた電車が長いトンネルに入りました。彼が上着を脱いで膝の上に置きました。そのとき、彼の手がいきなりスカ-トの中に入ってきました。私はさすがに押しとどめようとしましたが、彼は逆に私の手を取ると自分の股間へ導いたのです。そこは固く盛り上がっていました。私は息がつまりそうになりましたが、手はそこから離れません。彼の手はそんな私のスカ-トの下を進んできます。スカ-トが彼の上着の下ですっかりめくれています。誰かに見られたらと思いましたが、幸い電車はすいていて、通路の反対側の座席にはだれもすわっていませんし、通路をあるく人もいないようでした。彼の手がスカ-トの一番奥までたどりつきました。指先がもうすっかり熱くなっている私のあそこの上をなでさすります。ショ-ツとパンスト越しでも、指がクリトリスのあたりをさまようと体の力が抜けてしまうような素敵な感覚があります。私は一生懸命声を殺していました。なんて素敵な指、もうどうなってもいいから、いきたいと思いました。いかせて、その思いをこめて彼を見ました。すると彼は顔を私の耳元に近づけて、「気持ちいいかい?」とささやきます。耳にかかる息に体が痺れるようになりました。私はうなずきました。そして、クリトリスへ刺激を集中させます。私は思わず彼の腕にすがりました。「いくって言いなさい」再び、耳元にかかる息と、私への彼の命令で、私はもうだめになりました。「いく・・・」私はやっと絞り出すように言って、登りつめたのです。 彼は駅まで車で来ていたので乗せてもらうことにしました。駐車場の車の中で抱きしめられ、再び指でいかせてもらいました。私も手で彼のものを愛撫して、この年になってはじめて、噴き出す精液を見ました。その日は父のことが心配でしたからそのまま家に帰りましたが、数日後、父がデイサ-ビスに行って不在の日に、彼と結ばれました。セックスだけの付き合いでいいと思っていましたが、彼は時々家に来て父の話し相手になってくれたり力のいる家事を手伝ってくれたりしています。もちろん、父から見えないところで愛し合っています。二人とも、トイレとか台所とかでするのが好きなので、彼は、おれたち、はじまりから変態っぽいもんなあと笑います。私は、髪の毛一本まで彼に捧げています。彼も、固くなったあそこを握らせて、「今は、みよこのものだ」とささやいてくれます。私は、彼のあそこを丁寧に心をこめてなめます。私のからだの、好きなところでいってほしいと思いながら


出会い
熟女
熟女 出会い
セフレ
メル友
援助交際
逆援助

« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

直田夏子

Author:直田夏子
熟女好きな方大歓迎です。
46歳でA型で趣味はゴルフ。
現在スナックで働いてます。

リンク

QRコード

QRコード

熟女出会い






熟女出会いでは、熟女との出会いに成功した優良なサイトだけご紹介しています。

熟女出会い
人気ランキング

全サイト
利用料・登録料とも
完全無料です。


第1位

{出会える指数}
★★★★★
熟女のセフレ探しの時に、このサイトを使っていない人はいないでしょう。
かなり出会えることで最近評判の出会い系サイトです。
平日昼間のここの掲示板の書き込みはアツいです。
人妻の書き込みが多く、ほんの数十分で出会いまでもっていったという報告も受けています。


第2位

{出会える指数}
★★★★★
某巨大出会い掲示板から派生したサイト。
まだできて間もないのですが、熟女とかなりの確率で出会えるとのことです。純粋な出会いはここには求められませんが、一夜限りの出会いであればかなり高い確率で熟女と出会えると評判なので、おすすめです。


第3位

{出会える指数}
★★★★☆
直アド丸見えで有名な無料出会い系サイト。
メール開始から熟女と短時間で出会えることが多いと評判です。
今すぐにでも出会いたいあなたにおすすめです。


第4位

{出会える指数}
★★★★☆
雑誌でもかなり紹介されている、女性が作った出会い系サイト。
女性会員数が圧倒的に多いのが特徴です。
つまり男性にとってはライバルが少なく、実際にこのサイトで熟女と出会ったという報告もうけているので、利用しない手はないです。


第5位

{出会える指数}
★★★★★
スタービーチと比較されるほどの知名度の出会い系の老舗中の老舗。
雑誌でよく紹介されているので、あなたもご存じかもしれませんね。
イイコイで初めて熟女と出会えたという報告を多数受けているので、出会い系初心者のあなたにおすすめです。


出会い系リンク
出会い系サイト

熟女出会い
All Rights Reserved.



ホステスバイト
ホステスバイト

ホステスバイト東京都
ホステスバイト東京都

ホステスバイト栃木県
ホステスバイト栃木県

ホステスバイト静岡県
ホステスバイト静岡県

ホステスバイト佐賀県
ホステスバイト佐賀県

ホステスバイト大分県
ホステスバイト大分県

ホステスバイト香川県
ホステスバイト香川県

ホステスバイト兵庫県
ホステスバイト兵庫県

ホステスバイト広島県
ホステスバイト広島県

ホステスバイト福岡県
ホステスバイト福岡県

メル友募集掲示板関東
メル友募集掲示板関東

メル友募集掲示板高知
メル友募集掲示板高知

メル友募集掲示板香川
メル友募集掲示板香川

メル友募集掲示板鳥取
メル友募集掲示板鳥取

メル友募集掲示板石川
メル友募集掲示板石川

大分メル友募集掲示板
大分メル友募集掲示板

岐阜メル友募集掲示板
岐阜メル友募集掲示板

福井メル友募集掲示板
福井メル友募集掲示板






次のページ

 
出会い セフレ メル友
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。